鳳凰の魅力


ロータリーボリュームユニット



 鳳凰ミキサーは、チャンネル縦フェーダー部分を、オプションのロータリーボリュームユニットに交換することで、ロータリーバージョンに変更できます。
 ロータリー派のDJ向けに、最初からこのロータリーバージョンがマウントされた状態での販売も可能です。(参考ページ)




 縦フェーダースタイルでは、つまみマックスの位置を基準としてDJプレイを行いますが、それに対して、ロータリーボリュームでのDJプレイの場合、7の位置(午後2時)を標準レベルとする場合がほとんどです。そして、7の位置から、演奏の流れのなかでアップさせる場面があり、そのレベルアップ加減は、クラシックミキサーのUREIやBOZAKを使用するDJにより、ある程度確立されています。 鳳凰の場合、チャンネルボリュームのカーブコントロールの調整ができますので、そのカーブに限りなく近い設定も可能となっています。 右手前のIFカーブコントロールつまみで、およそ4.5(午前10時半)の位置がそのカーブとなります。


 ノブは28mm径の特大サイズとなっており、もちろん、他のロータリーノブと同様に、アルミの削り出し製法で丁寧に仕上げられています。堅い金属材のほうが、回転させるときの指先に伝わル感覚がストレートで、操作しやすいからです。





 オプションロータリーボリュームユニットは、注意深く作業していただければ、ユーザー自身で交換することも可能です。




 ご注文 / 特定商取引に基づく表示 / プライバシーポリシー 
 会社概要 / 製造元 STPVESTAX LLPサイト
COPYRIGHT(C)2018 SOUND ACTIVE CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED.
当ホームページに掲載されている全頁すべてのコンテンツ(文章・画像・動画・イラストなど)の無断転載などは固くお断りします。

株式会社サウンドアクティブ
info@soundactive.jp