鳳凰の魅力


60mmピッチ縦フェーダー





●60mmピッチへの拘り

 2007年発売のベスタクス社最後の4チャンネル業務用ミキサーのPMC-580。このPMC-580までは、ヒップホップ用2チャンネルミキサーを除き、DJミキサーのチャンネルの縦フェーダーは、「60mm」がベストとされていました。 100mmでは長すぎ、45mmでは短かったのです。 しかし、同社がDJ用MIDIコントローラーに経営の舵を切り始めたころから、世界も一気に変化し、縦フェーダーの微妙なレベル調整をしながらのロングミックスよりも、ソフトウェアを使ったフィルターパフォーマンスや、ループ、サンプリングショット、オートBPMミックスなど、DJ主導のリアルエディットプレイが主となり、楽曲も溢れるように増え入手も容易となり、派手なエディットプレイを想定したものさえ出てきて、スタイルが大きく変わりました。 また、自宅スタジオでのソフトウェアによるエディットの仕込みも容易となり、持ち込んだオリジナルエディットの楽曲を流すだけのDJさえ出現。 そんな中、フェーダー部品メーカーの状況も変化し、60mmフェーダーのラインナップが次々と生産完了。 DJメーカーとしても、高性能な60mmフェーダーは入手困難となり、また、PCDJスタイルに合わせ、縦フェーダーもクロスフェーダーと同じ45mm仕様が当たり前となりました。 メーカーが45mm縦フェーダーのミキサーしか提供しない限り、楽曲を尊重した微妙なレベル加減の職人的なミックスプレイが再び行われることはないでしょう。 鳳凰は、DJのエディットパフォーマンスで会場を盛り上げることよりも、楽曲の良さを良いサウンドで伝えて共感し、楽曲のらしさを残した職人的なミックスプレイを期待しているミキサーです。 そのためには、縦フェーダーは、入手困難であっても60mm仕様にする必要がありました。 フェーダー部品メーカーが供給する60mmフェーダーの中でこの鳳凰に合ったものを特注仕様で使用しています。また、取り付けに対しては、職人的なDJプレイができるセットアップが施されています。



●縦スライド操作にしっくりくるノブ形状



 縦フェーダーのノブは、とっさに指でつまんで上下方向に動かすことや、ゆっくりめのフェードイン/アウトのしっくり来る操作を想定したオリジナルデザインとなっています。
(クロスフェーダーも同じノブですが、スクラッチプレイでの操作でも実際のプレイヤーが使用して違和感がないことを確認済です。)



●マイコンによるカーブコントロール



 チャンネルフェーダーのカーブは、高性能プログラムを書き込んだマイコンによる最新技術のVCAコントロールにより、プレイスタイルに合わせた様々な設定です。 デジタル技術は使っていますが、上のイメージ図で分かる通り、音声信号の増幅度を変化させる回路は、プレミアムディスクリート回路であり、ICチップの使用はなく、AD/DA変換も行われていません。 音質重視のアナログ回路を最新のデジタル手法でコントロールするという高次元な技術の融合が図られています。
具体的なカーブは、こちらのページをご覧ください。







 ご注文 / 特定商取引に基づく表示 / プライバシーポリシー 
 会社概要 / 製造元 STPVESTAX LLPサイト
COPYRIGHT(C)2018 SOUND ACTIVE CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED.
当ホームページに掲載されている全頁すべてのコンテンツ(文章・画像・動画・イラストなど)の無断転載などは固くお断りします。

株式会社サウンドアクティブ
info@soundactive.jp